2006年01月14日

あと数時間・・・。

今日の午後から
今年初の披露宴があります。

久しぶりなせいか
今日は緊張して眠れません。

司会の仕事もスポーツのようなもので
休むと、感覚を取り戻すのには
時間と努力が必要です。

それを、何が何でも
本番までには仕上げておかないと
新郎新婦に申し訳なくて・・・。

「休み明けだったから本調子が出なくて」
じゃあ、済まされませんから。

今もバックで披露宴でかける曲を
聴きながら書いています。

曲を聴くとそのシーンが浮かんでくるんです。

自分は、どこにいて
何をしゃべって・・・。

前にも書いたかもしれませんが
会場の雰囲気と、音楽と
コメントと、私の声。
これが全部調和しないと
ギクシャクしたものになってしまうんです。

今日の披露宴は
プランナーさんがしっかりしていますから
曲とシーンはばっちり!!
あとは、私の努力しだい。

お仕事はよく
戦場・・・なんて例えますが
私の仕事の場合、
敵は自分自身。
守るものは・・・新郎新婦の笑顔。

ちょっと、かっこよすぎましたかわーい(嬉しい顔)

でも、お開き後の二人の笑顔が
何よりの報酬、ご褒美なんです。

今日の二人は
「家族愛」が裏テーマです。

二人と同時に
ゲストにも家族の大切さを
改めて感じていただけるものになれば
私の今日の戦いは大勝利となるんでしょうね。





posted by you at 05:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

友人スピーチ(2)

アクセスを調べると
ここ数日「友人スピーチ」が
圧倒的に多いようです。

今週末、列席する予定の方が
悩んでいるんでしょうね。

過去にも数回
この件については
お話してきましたが
せっかくなので今日はおさらいをしたいと思います。

まず、注意事項から!

二人の名前は・・・当たり前ですが
間違っちゃダメですがく〜(落胆した顔)
たまにいますよぉ〜。
ちゃんと確認しましょう。

自分の友達のお相手の名前です。
初対面という方結構いると思うんです。

忘れてしまいそうで不安な方は
当日受付でもらえる席辞表を確認してください。

で、きっと用意されるであろう
カンペに大きく書きましょう!

はいっ手(パー)
これでひとつ不安は消えましたるんるん

次に、内容ですが
これは無理に覚えないようにしましょう。

忘れると思い出そうとして
余計にドツボにはまります。
堂々とカンペを用意してください。
オススメは全部を書くのではなくて
話す内容を箇条書きにして
順番に書くことです。

たくさんはいりません。
大切なのは、あなたが友達を祝う気持ちぴかぴか(新しい)

あなたの言葉で
しっかり伝えましょう。
(これで棒読みは防げます)

これで、また不安がなくなりましたねるんるん

何を話せばいいのかわからない・・・。

そんな方は、思い切って
当人に何について話してもらいたいか
聞いてみましょう。

学生時代のあの思い出とか
新郎or新婦のこんな性格とか
秘かにあなたに話してもらいたいことが
あるかもしれません。

あればラッキー手(チョキ)
なければ・・・
あなたの記憶を全部たぐりよせて
思い出をたどってみてください。

大切なのは
「結婚おめでとう」
という気持ちです。

上手なスピーチよりも
心がちゃんと現れているスピーチを
新郎新婦は求めているはずです。

あなたの思いをあなたの言葉で
伝えればきっと二人は大満足!!

緊張もするでしょうが
二人は、あなたを選んだんです。

その気持ちにどうぞ
大きな心でこたえてあげて下さい。

友人スピーチをお願いした
新郎新婦さん、
お友達からの言葉は
たくさんの時間と
たくさんの労力をかけて
一生懸命伝えられる言葉です。

どうぞ、ただ楽しみに聞くのではなく
心で感じて
思いをしっかり
受け取って下さいね。











posted by you at 07:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

結婚式は体力勝負!

先日、やっとインフルエンザが
治ったと安心していたところ、
今日主人が同じ症状に・・・。

夜間救急病院に行き
薬をもらってただいま高熱と
格闘中です。

何よりもカラダ!
健康が一番!
自分や家族が病んでいるときは
素直にそう思えます。

でも、日ごろから健康管理をしていても
逃れられないときもあるんですよ。

結婚式当日、
熱が出てしまった新郎新婦さんに
一年のうち数人は出会います。

発熱じゃなくても
女の子の場合生理とバッティング・・・とか。

そんなときは気が気じゃありません。

病気の場合、
事前に「注意して大事にしてくださいね。」
としか言えませんが
生理は産婦人科に行くと
予定日をずらすことが可能です。

診察では、問診だけで薬を処方してくれますから
なるべく不安な方は前もって受診することを
オススメします。

せっかくの記念日に
おなかが痛い顔や
腰が痛い顔や
不安な顔は
もったいないですもん。

で、どうしてもずらせずに
当日きてしまった、
という方は、スタッフや司会者に
ストレートに伝えましょう。

女性のスタッフは必ずいるはずです。
あるいは、美容師さんから
伝えてもらっても!

当日は、本当に体力勝負です。

加えて、気疲れもあり
夜にはグッタリしてしまうほど
ハードな一日になりますから
できるだけカラダは万全に、
防げるものは防いで
心から楽しめる時間にしてください。

まぁ!
何て内容!!
と、思われるかもしれませんが
あえて記事にしました。

だって、辛い顔した新婦さんをみるのは
こちらも辛いですから。

毎回書いているように
笑顔!
笑顔ですよぉ〜ぴかぴか(新しい)
posted by you at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

あけましておめでとうございます

年末より、39度を超える発熱で
ぐったりしておりました。

主人の手厚い看病のおかげか
年始にはどうにか間に合い復帰

・・・なのですが、
かねてより話があった主人の転勤が
2月から3月には決まるようで
我が家は少々複雑なムードにあります。

私の仕事は、
理由をふせて保留にしていましたが
もうこれ以上はご迷惑かけられないと
先日お断りの返事をし
ちょっとブルーな気持ちでいっぱいです。

このブログでも何度かお伝えしたとおり
私はとても素敵な仲間に支えられていて
その人たちがいるからこそ
司会を続けてこられたのです。

もし転勤が決まったら
もう仕事は続けられません。

あの、悩みながらも充実した日々は
私の世界からなくなってしまうかもしれない・・・。

そう思うと、
身を切られるような思いで
胸が痛みます。

しかし、結婚した以上
主人のことを一番に考えないと。

彼は長男で跡継ぎなので
何度も話し合いましたが
今の職場を離れたくないといいます。

自分にあった仕事、
自分にあった環境、
30歳で転職するのは勇気がいると・・・。

だったら、妻としては
ついていくしかありません。

転勤先があまりにも遠方なら
親のことも考え再就職先を探す。
そうでなければ辞令に従う。

と、結論がでました。

新しい年の幕開けに
なんだか暗い話になってしまいましたが
このときだからこそ
前向きに考えたいと、この話題を出しました。

仕事柄、
愛や絆をうたう私だからこそ
実践していこう!

何があっても彼についていこう!

そう決心した年の始まりでした。

関係者の皆様には
ご迷惑をおかけしますが
ここにいる限りは
これまでと変わらず精一杯努力して参ります。

結果がでるまで
どうぞあたたかく見守ってください。
posted by you at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。