2006年05月13日

私について〜2〜

毎回、意気揚々と会場に入るのですが
出るときは半べそ状態。

会場のキャプテンや
音響さん、ディレクターさん、
広告代理店の人たち。
企画会社の社長さんたち。
色んな人に出会い、
色んな人に叱られ、
時にはいじめられたりもしたり・・・。

20代後半はたぶん
笑うことよりも、泣くことの方が
断然多かったと思います。

本当に何度も辞めようと思いました。

一番無理だと思った出来事は
家族のお葬式に出席できなかったことでしょうか。

うちには、血は繋がってはいないけれど
おばあちゃんのような人が同居していました。

叔母の昔の知人で、
身寄りがないおばあちゃん。
実の祖父母は両家とも早くに
他界していましたので
その人が私にとっての
「おばあちゃん」でした。

母が仕事でいないとき
面倒を見てくれた、おばあちゃん。
私の嫌いなピーマンを、母に内緒で
食べてくれた、おばあちゃん。
それが、母にみつかって
一緒に叱られてくれた、おばあちゃん。

わがまま言いたい放題の私を
実の孫のように育ててくれたその人が
ある日、長い入院生活の末
亡くなってしまったのです。

そして、その次の日のお葬式の日
披露宴の仕事が入っていました。
今更断れないし、
事務所に報告しても
大安だから代わりの司会者もいないとのこと。

全身にガンが転移し
やせこけて小さくなってしまった
おばあちゃんの冷たい手を握り締めて
「ごめんね、ごめんね。」
と、最後を見送ってあげられないことを
ただただ謝り続けるしかありませんでした。
posted by you at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

私について・・・。

突然ですが、
ちょっと、新郎新婦へのメッセージは
お休みして
今日は私の半生を振り返り
私がなぜこの仕事を愛してしまったのかを
お伝えしたいと思います。

コメントをいただいた
NUSKYさんへの答えが
もしかしたら見つかるかもしれません。

数回に渡るかもしれませんが
お付き合いください。


*********************************************************************

20代半ばの夏。
私は大きな挫折をしました。

18歳からずっと愛し続けた人との別離。

目に映る世界が色を失い
毎日が悲しみに染まりました。

このことは、
あまり詳しく書く勇気がありません。

恋愛につまづいてしまった・・・。
継続する難しさが身にしみた・・・。
とだけお伝えしておきます。

その後、ちょうど友人が
オーストラリアにワーキングホリデーに行っていたので
私もなけなしの貯金をはたいて
ここから、
彼と過ごしたこの土地から
脱出しようかと考えもしました。

しかし、母一人、子一人。
狭心症を患う母親を置いて行くワケにはいかず、
さて、これからどうやって
生きていこうか。
そう迷いあがいていた時期、
母の友人で私も何度か会ったことのある
現在の師匠から、母を通じ
「司会の勉強を始めてみない?」
と誘われたのです。

恋愛につまづいた私が
結婚式の仕事?

そんなことできるわけがない!
と、思いましたが
そこでは、結婚式以外にも
イベントや式典なんかもあるからと聞き
一ヶ月くらい悩みに悩んで
勉強会に参加することにしました。
いつか成功して彼を見返してやりたいという思いが
あったかもしれません。

勉強会は週に2回、
事務所に所属する全ての人が集まり
師匠や先輩から厳しい指導を受けます。
10年選手の先輩、
各会場から引っ張りだこの人気司会者、
タレントさんから年賀状が届く先輩・・・。

華やかな女性たちに圧倒される毎日。

私にもいつかあんな日がくるのかなぁ。

憧れと
意外におもしろかったしゃべりの勉強が
少しづつ傷を癒してくれたように思います。

もともと負けず嫌い。
のめり込むタイプ。
それからは、24時間
しゃべりのことが頭から離れず
とうとうそれまで勤めていた会社を辞めて
事務所が経営していた
貸衣装とイベント企画の会社に就職し
師匠の行くところには
どこへでもついていきました。

そのおかげか、
初マイクは3ヶ月めで、
5ヶ月めにはコンスタントに
お仕事が入ってくるようになったのです。

女は強いものですね。

その頃にはすっかり傷も癒えていました。
楽しい!
うれしい!
オーストラリアに行かなくて良かった!


・・・しかし、
戦いは始まったばかり。
恋愛の傷など浅く感じるくらいの
辛く厳しく、滅多打ちにされる日々が
私を待ち受けていたのです。
-次号へ-
posted by you at 10:23| Comment(19) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。