2006年01月11日

友人スピーチ(2)

アクセスを調べると
ここ数日「友人スピーチ」が
圧倒的に多いようです。

今週末、列席する予定の方が
悩んでいるんでしょうね。

過去にも数回
この件については
お話してきましたが
せっかくなので今日はおさらいをしたいと思います。

まず、注意事項から!

二人の名前は・・・当たり前ですが
間違っちゃダメですがく〜(落胆した顔)
たまにいますよぉ〜。
ちゃんと確認しましょう。

自分の友達のお相手の名前です。
初対面という方結構いると思うんです。

忘れてしまいそうで不安な方は
当日受付でもらえる席辞表を確認してください。

で、きっと用意されるであろう
カンペに大きく書きましょう!

はいっ手(パー)
これでひとつ不安は消えましたるんるん

次に、内容ですが
これは無理に覚えないようにしましょう。

忘れると思い出そうとして
余計にドツボにはまります。
堂々とカンペを用意してください。
オススメは全部を書くのではなくて
話す内容を箇条書きにして
順番に書くことです。

たくさんはいりません。
大切なのは、あなたが友達を祝う気持ちぴかぴか(新しい)

あなたの言葉で
しっかり伝えましょう。
(これで棒読みは防げます)

これで、また不安がなくなりましたねるんるん

何を話せばいいのかわからない・・・。

そんな方は、思い切って
当人に何について話してもらいたいか
聞いてみましょう。

学生時代のあの思い出とか
新郎or新婦のこんな性格とか
秘かにあなたに話してもらいたいことが
あるかもしれません。

あればラッキー手(チョキ)
なければ・・・
あなたの記憶を全部たぐりよせて
思い出をたどってみてください。

大切なのは
「結婚おめでとう」
という気持ちです。

上手なスピーチよりも
心がちゃんと現れているスピーチを
新郎新婦は求めているはずです。

あなたの思いをあなたの言葉で
伝えればきっと二人は大満足!!

緊張もするでしょうが
二人は、あなたを選んだんです。

その気持ちにどうぞ
大きな心でこたえてあげて下さい。

友人スピーチをお願いした
新郎新婦さん、
お友達からの言葉は
たくさんの時間と
たくさんの労力をかけて
一生懸命伝えられる言葉です。

どうぞ、ただ楽しみに聞くのではなく
心で感じて
思いをしっかり
受け取って下さいね。











posted by you at 07:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

お正月が終わった・・・。
Excerpt: こういう仕事していると、出会い多いでしょとか言われるけど・・・まったく無いんです(´Д⊂ヽなんかお水やってるってだけで向こうが引いちゃう、みたいな(涙)はぁ・・・かにゃしいにゃもう2006年だって言う..
Weblog: ニャンの2006日記
Tracked: 2006-01-11 07:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。