2006年04月09日

ナイトウエディング

今日は、久々のナイトウエディングでした。

会場は、以前書いた記事にも登場した
海辺のレストラン。
普段は色んなイベントも行われている
かなり人気のレストランです。

夕刻から始められたのですが
今日はお天気にも恵まれ
海の色が時間を追うごとに変化し
本当にキレイでした。

太陽が反射しきらめきを放つ海。

夕陽のオレンジが海一面に広がる
なんともいえない美しさ。

月明かりが波間に揺れて
やわらかく光り
まるで長い光の道ができたかのような瞬間もあり・・・。

あぁ〜、
海も祝福してくれているんだろうなぁ
と、感じさせられた時間でした。

ゲストの方々も、きっと
新郎新婦の笑顔を見ては
幸せな気持ちになり、
窓に広がる海を見ては
優しい気持ちにもなり、
思い出に残るひとときを
お過ごしいただけたのではないかと思います。

また、景色だけではなく
夜独特のライティング演出も
ステキでした。

人気のレストランで
週末の夜の時間というと、なかなか
貸切にすることは難しいかもしれませんが
こうして夢が叶う新郎新婦さんも
いらっしゃいます。

レストランでの
ナイトウエディング。

私のオススメのスタイルのひとつです。













posted by you at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

眠れない・・・朝

今、
やっと今週の披露宴の台本が完成しましたぴかぴか(新しい)

一日一組のレストランウエディングなので
合計2日分。

それぞれテーマが違っていて
行われる内容も様々。
音楽は合計で約60曲弱。

私は、台本を作りながら
その場で頭に入れていくので
曲にのせてコメントを合わせていきます。

「台本作りながら練習なんて・・・素人?」

スイマセンあせあせ(飛び散る汗)
今年で12年目に入りますわーい(嬉しい顔)

今、担当している仕事は特別なんです!
他にはない、非常にお客様思いの会社で
一組一組が個性あふれるものだから
ありきたりのコメントじゃ
ダメなんです。

私も今ではこのスタイルが
一番好きで・・・。
(なぜ?と思う方は過去の記事をご覧ください)

だから、いつもこうして
仕事をしているときは
テンションがグングン上昇していきます。

昨日、当日のディレクターと
進行の打ち合わせをして
テンションがupグッド(上向き矢印)

そして、家に帰り
曲を聴きながら台本を作り
さらにテンションupグッド(上向き矢印)

そういえば、昨日も
1時間くらいしか寝てないなぁ。

あぁ〜。
奥の部屋では
主人の目覚まし時計が
鳴りはじめました。

彼を起こし
会社に送り出したころ
ようやく上がりきったテンションも下がりかけ
軽いお昼寝をする。

これが挙式前の私の生活です。

でも、ぜんぜん苦にはなりません。

だって、
好きですから揺れるハート

前にも書きましたが
「おめでとう」
「ありがとう」
っていう気持ちは
本当にステキなものなんです。

それがわかるから
辞められないんですよね。

さぁ、今週もがんばろぉ〜っとパンチ









posted by you at 07:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

和装もステキ!

白無垢、色打掛、振袖。

最近、また和装を選ぶ新郎新婦さんが
増えてきたようです。

このところ、めっきり数が
減ってきていたのですが
これも流行りなのでしょうか?
ここ数件続いています。

白無垢や打掛には
「真っ白な心で嫁ぎ
 あなた(嫁ぎ先)の色に染まります」
という、意味があり
私たちより少し?昔の
男性と女性の関係が表されてもいるのですが・・・。

誰色に染まるのかはさておき、
和装はやっぱりイイですね。

紋付、袴と打掛や振袖の新郎新婦が
二人並ぶだけで
その場の空気がしまる感じ。

それでいて、
優雅で和やかな雰囲気もかもし出す・・・。

これぞ、日本の結婚式!
といった感じでしょうか。

私たち案内役、司会の口調も
洋装、和装、それぞれ違いがあるんですよ。
あまり気づかれないかもしれませんが。

○○染め、○○織り、
様々な技法が用いられた
古き良き日本の伝統美。

結婚式後は、白無垢も色打掛も
振袖だって着ることはできませんよ。

愛する人と過ごす
一度きりの特別な装いのひとつに
ぜひ和装も取り入れてみては
いかがですか?

披露宴では無理!
という方も前写しなど
写真だけでも残されると
良い思い出になると思いますよ。


















posted by you at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

さくら色の幸せ

薄紅色に染まり
春の訪れを教えてくれるさくら。

そろそろ桜前線も北上しているのでしょうか?
近所のさくら並木には
お花見用のちょうちんが吊るされていました。

明日の披露宴会場は
新郎新婦の希望から
一足早い満開の桜で彩られます。

どうやら初めて手をつないだのが
さくらの木の下だったようで
明日は、甘い思い出と共に
ゲストの心からの祝福をいただき
二人の心はほんのり桜色した幸せに
包まれるのでしょう。

季節を感じる披露宴
春夏秋冬がはっきりと感じられる
日本だからこそ味わえるもの。

旬なものを取り入れると
季節感たっぷりの演出ができます。

さくらを見ると・・・
ひまわりを見ると・・・

私はこれまでに出逢った
新郎新婦の顔が浮かびます。

きっと、そこにいたゲストの方々も
その花や物をみると
ふっと二人のことが浮かぶのではないでしょうか。

さて、
あなたの思い出の季節は?
あなたの幸せの色は?

新しい人生の旅立ちとなるセレモニー。

お二人らしさで包んでみてはいかがでしょうハートたち(複数ハート)















posted by you at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

みぃ〜つけた!

とっても素敵なブログのご紹介です。

http://msproduce.exblog.jp/

ウエディングプランナーさんたちの
日々感じることが書かれていました。

どうやら元気いっぱいの女性たちのようですかわいい

挙式前の新郎新婦さん
一度覗いてみては?


posted by you at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりなワケ・・・。

ずいぶん長くお休みしてしまいました。

それもこれも
主人の転勤の話がはっきりしないからです!!

相変わらず荷物は山積みで
まったく落ち着かない空間。

こんな日常でゆったりブログを・・・
なんていう気分にはなれませんでした。

今日も、上司とその件で話をしたらしいのですが
何にも決まってはいなくて
いや、決められないらしいといったほうが
正しいのでしょうか。

いつになったらはっきりするのか。
憂鬱な日々はまだまだ続きそうです。

そんな訳で
しばらくお仕事もお休みしていたのですが
急遽今週から少し再開することとなり
打ち合わせに行ってきたので
こうしてパソコンに向かっています。

やっぱり心が通い合った仲間と
仕事をするのは楽しい!!

どんな難しいことでも
挑戦しようと思ってしまいます。

そう!
今週はかなり難度の高い演出が
組み込まれていて。

でも、何だろう、
このワクワクする気持ちぴかぴか(新しい)

「私」を取り戻したような感覚ぴかぴか(新しい)

自分のいるべき場所にいるという
確かな思いは、
忙しさに反して安らぎを与えられたようです。

そして・・・
I社長は今日ご褒美をくれましたるんるん

ぴかぴか(新しい)黒糖焼酎手(チョキ)

しかも糖分はゼロ!

なんて女性に優しい焼酎なんでしょう。

年齢とともにめっきり
お酒の量は減りましたが
無事披露宴をおさめた夜に
ひとりちびちびいただきたいと思います。

25日の夜は
優しいだんな様と
心通う仲間たちとの仕事と
大好きな焼酎があれば
私は十分幸せなんだなぁ〜と
顔を紅色に染めながら
桜舞う春に酔いしれたいと思います。



posted by you at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

恋衣

今日は、今週末の披露宴の打ち合わせに
行ってきました。

会場は海辺に佇むレストラン。
そこから新郎新婦の出会いの場所が見えるという
お二人にとって素敵な思い出に包まれた一日を
味わっていただくことができるようです。

天気予報は、今のところ晴れのようで
このまま予報が変わりませんように・・・
と、祈るばかり。

パーティーの内容は
今はまだ書けません。

でも、とっても素敵な進行で
お二人の人柄、思いが見事に
反映されている・・・とだけ
お伝えしておきましょう♪

また、披露宴後にご紹介したいと思います。

ただ、これだけはいいかなぁ。
新婦のウエディングドレスなんですが
手作りなんだそうです。

高校時代、授業で製作したものだとか。
今回、改めてサイズ直しをして
人前式、パーティー前半で
お召しになります。

完成した当時はきっとまだ
憧れが織り成す恋衣(こいごろも)
だったに違いありません。

恋衣とは、
自分から遠く離れている物事を思い慕う意味。

いつか、その時が来たら・・・。
いつか、運命の人が現れたら・・・。

結婚という、人生の大きな節目を迎えるには
まだ幼すぎる10代の女の子が
夢や憧れを抱きながら
一針一針、針を進めて作られたのでしょう。

そして、年月を経て
その夢が叶う時が訪れました。

サイズ直しをしながら
今度は、傍にいる大切な人との
新しい生活を夢見ながら
また、針を進めていく・・・。

彼女のドレスは、
二つの時代の夢に染まり
それぞれの輝きが施され
花嫁を飾る最高のコスチュームへと
進化したのです。

当日の朝、
彼女はどんな気持ちで
そのドレスに袖を通すのでしょう。
どんな気持ちで
お父様とバージンロードを
歩くのでしょう。

式には、
その当時のお友達も
列席されます。

幸せな彼女を見て
お友達もきっと
心に恋衣をまとうのでしょうね。

いつか私も・・・と。

結婚式は本当に素敵ぴかぴか(新しい)

今週も、新郎新婦の笑顔を
皆さんにたっぷり見ていただける
素敵なパーティーにしたいと
思いました。

















posted by you at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

引越し準備

2月に入り
そろそろ主人の転勤もはっきりするのでは
・・・と、せっかちな私は
早くも荷造りに奮闘中です。

家中、ダンボールだらけ。
狭いながらも快適だった私たちの空間は
今では殺伐としていて・・・。


ダイニングの片隅に
私の仕事のスペースがあります。

仕事をしながら
主婦業もしっかり(?)できるようにと
主人が作ってくれました。

うまく棚やなんかで区切って
どんなに仕事に没頭していても
椅子から立ち上がれば
キッチンも、隣のリビングも
見渡せるようになっている
本当に快適な場所。

今日は、そこにおいてある
書類をダンボールに詰めました。


紙ベースのものは、
ほとんど過去のイベントのもの。

おじさんの女装にびっくりした小さな町のお祭り。
ドキドキしっ放しだった初めての式典。
4日間、いじわるな人に泣かされつづけた
ナレーションコンパニオンの仕事。
30過ぎてもいまだに使ってくれる大学祭。
奇跡のように舞い込んできた
レディースオープンでのアナウンス。

11年・・・。
黄色く変色した山のような書類を
もう、こんなに歳月が流れていたのかと思いながら
ダンボール箱に詰めました。
これが新しい家に着くころには
私の仕事も封印されてしまうのかなぁ、
と思いながら。

夕方、帰宅した主人に
「やめたくないなぁ。」
と、つぶやいたら
「やめるのは、もったいないよ。」
の一言。

そっかぁ。
そんな風に考えてくれていたんだ。

つきあい始めた当初は
あんなに嫌っていた私の仕事を
今では、誰よりも応援してくれる。

私は大切なことを忘れていました。

勝手に、「やめなくちゃ。」
と思いこんでいただけ。

彼が、がんばれ!って
いつも言ってくれることを。

新しい場所での生活が
落ち着いたら
また、この仕事を続けていく方向で
これから考えてみようと思いました。














posted by you at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのダンナ様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

あと数時間・・・。

今日の午後から
今年初の披露宴があります。

久しぶりなせいか
今日は緊張して眠れません。

司会の仕事もスポーツのようなもので
休むと、感覚を取り戻すのには
時間と努力が必要です。

それを、何が何でも
本番までには仕上げておかないと
新郎新婦に申し訳なくて・・・。

「休み明けだったから本調子が出なくて」
じゃあ、済まされませんから。

今もバックで披露宴でかける曲を
聴きながら書いています。

曲を聴くとそのシーンが浮かんでくるんです。

自分は、どこにいて
何をしゃべって・・・。

前にも書いたかもしれませんが
会場の雰囲気と、音楽と
コメントと、私の声。
これが全部調和しないと
ギクシャクしたものになってしまうんです。

今日の披露宴は
プランナーさんがしっかりしていますから
曲とシーンはばっちり!!
あとは、私の努力しだい。

お仕事はよく
戦場・・・なんて例えますが
私の仕事の場合、
敵は自分自身。
守るものは・・・新郎新婦の笑顔。

ちょっと、かっこよすぎましたかわーい(嬉しい顔)

でも、お開き後の二人の笑顔が
何よりの報酬、ご褒美なんです。

今日の二人は
「家族愛」が裏テーマです。

二人と同時に
ゲストにも家族の大切さを
改めて感じていただけるものになれば
私の今日の戦いは大勝利となるんでしょうね。





posted by you at 05:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

友人スピーチ(2)

アクセスを調べると
ここ数日「友人スピーチ」が
圧倒的に多いようです。

今週末、列席する予定の方が
悩んでいるんでしょうね。

過去にも数回
この件については
お話してきましたが
せっかくなので今日はおさらいをしたいと思います。

まず、注意事項から!

二人の名前は・・・当たり前ですが
間違っちゃダメですがく〜(落胆した顔)
たまにいますよぉ〜。
ちゃんと確認しましょう。

自分の友達のお相手の名前です。
初対面という方結構いると思うんです。

忘れてしまいそうで不安な方は
当日受付でもらえる席辞表を確認してください。

で、きっと用意されるであろう
カンペに大きく書きましょう!

はいっ手(パー)
これでひとつ不安は消えましたるんるん

次に、内容ですが
これは無理に覚えないようにしましょう。

忘れると思い出そうとして
余計にドツボにはまります。
堂々とカンペを用意してください。
オススメは全部を書くのではなくて
話す内容を箇条書きにして
順番に書くことです。

たくさんはいりません。
大切なのは、あなたが友達を祝う気持ちぴかぴか(新しい)

あなたの言葉で
しっかり伝えましょう。
(これで棒読みは防げます)

これで、また不安がなくなりましたねるんるん

何を話せばいいのかわからない・・・。

そんな方は、思い切って
当人に何について話してもらいたいか
聞いてみましょう。

学生時代のあの思い出とか
新郎or新婦のこんな性格とか
秘かにあなたに話してもらいたいことが
あるかもしれません。

あればラッキー手(チョキ)
なければ・・・
あなたの記憶を全部たぐりよせて
思い出をたどってみてください。

大切なのは
「結婚おめでとう」
という気持ちです。

上手なスピーチよりも
心がちゃんと現れているスピーチを
新郎新婦は求めているはずです。

あなたの思いをあなたの言葉で
伝えればきっと二人は大満足!!

緊張もするでしょうが
二人は、あなたを選んだんです。

その気持ちにどうぞ
大きな心でこたえてあげて下さい。

友人スピーチをお願いした
新郎新婦さん、
お友達からの言葉は
たくさんの時間と
たくさんの労力をかけて
一生懸命伝えられる言葉です。

どうぞ、ただ楽しみに聞くのではなく
心で感じて
思いをしっかり
受け取って下さいね。











posted by you at 07:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ブライダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。